暑さ厳しい日が続きますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?

 

最近、持ち歩く扇風機や扇風機が付いたジャケットをよく見かけます。

来年のオリンピックでは、すごい暑さ対策グッズが出ててきそうですね(笑)。

 

さて、この時期に気をつけたいのが熱中症です。

熱中症について簡単にまとめてみましたので、ご参考になさってください。

 

◾熱中症の診断基準◾

『暑熱環境に居る、あるいは居た』

               ↓

めまい、失神(立ちくらみ)、生あくび、大量の発汗、 強い口渇感、筋肉痛、筋肉の硬直(こむら返り)、 頭痛、嘔吐、倦怠感、虚脱感、意識障害、痙攣、せ ん妄、小脳失調、高体温等の症状があれば、熱中症です。

(一般社団法人日本救急医学から)

 

部屋にいてても、熱中症にはなります。

普段と違う体の不調がございましたら、遠慮することなくすぐに医療機関をご受診ください。

早期発見、早期治療で重篤化を防げます!!!

 


あと、熱中症対策として、麦茶が見直されているそうです。

 

◾麦茶の代表的な効能◾

①血液をサラサラにする効果・・・農林水産省食品総合研究所とカゴメ総合研究所により、シリコンチップ上での血液の通過時間を計測する研究が行われ、麦茶を飲むことで血液の流動性が高くなることが発見されました。


②抗酸化作用がある・・・西九州大学食品化学研究室での実験や、神戸学院大学の調査により、麦茶に抗酸化作用があることが分かりました。紫外線を浴びる夏こそ、積極的に抗酸化作用のある飲料食品を摂りましょう。


③胃の粘膜を保護する作用・・・静岡大学と京都薬科大学とが共同で麦茶の抽出物をテストしたところ、胃の粘膜を保護する作用など様々な優れた機能が期待されることが分かりました。

④体の熱を冷ます効果が期待・ミネラルを含む・・・汗をかくと体内から塩分やミネラル成分が失われていきます。

この状態が続くと体の調整機能のバランスが崩れ、体に熱が溜まってしまいます。

熱中症対策では水分+塩分+ミネラルを摂ることがとても大事です。

 

体の熱を冷ます効果が期待でき、かつミネラルを含む麦茶は夏におすすめの飲料水です。