禁煙外来

禁煙外来

禁煙外来について

禁煙は、自分一人ではなかなか達成できません。


禁煙外来では、あなたの喫煙歴をきちんと把握した上で、禁煙補助薬の処方、治療の経過を見守ります。


また禁煙治療は、2006年から健康保険が適用され、患者様の負担も軽くなりました。


禁煙治療を健康保険で受けるためには一定の要件があり、初回の診察で医師が確認いたします。

なお、要件を満たさない場合でも、自由診療で禁煙治療を受けることができますので、まずは受診の前にご自身でチェックしてみることをお勧めいたします。

受診について

お電話にてご予約をお願いいたします。
来院時には、保険証と禁煙外来用問診票をご記入のうえお持ちください。
禁煙外来用問診票のダウンロードはこちら [PDF]

健康保険で禁煙治療をするための要件

  • (1) ニコチン依存性を診断するテスト(TDS)で5点以上(下項目参照)。
  • (2)35歳以上の方は、1日の喫煙本数×喫煙年数《ブリンクマン指数》が200以上。
    (平成28年4月1日から35歳未満の方については、この要件は廃止されています。)
  • (3) すぐに禁煙をしたいと考えていること。
  • (4) 医師から受けた禁煙治療の説明に同意、説明内容に納得されたときは文書で同意すること。

TDSニコチン依存度テスト

設問内容 はい
1点
いいえ
0点
1 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか?
2 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか?
3 禁煙や本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか?
4 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、次のどれかがありましたか?
(イライラ、神経質、落ちつかない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
5 問4でうかがった症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか?
6 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか?
7 タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか?
8 タバコのために自分に精神的問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか?
9 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか?
10 タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか?

※(注)禁煙や本数を減らした時に出現する離脱症状(いわゆる禁断症状)ではなく、喫煙することによって神経質になったり、不安や抗うつなどの症状が出現している状態。

健康保険等による禁煙治療のスケジュール

標準的な禁煙治療のスケジュールは、12週間にわたり合計5回の診察が行われます。診察時には、息に含まれる一酸化炭素の濃度を測定します。
一酸化炭素は、タバコの煙に含まれる代表的な有害物質であり、禁煙を始めることにより、この値が低下します。
数値化されますので、禁煙への励みとなり、禁煙を継続するためのアドバイスや禁煙補助薬の処方を受けることができます。

大阪梅田メディカルセンター各医院のご案内

  • 大阪梅田メディカルセンター
  • ほしやまクリニック
  • ほしやま整形外科医院
  • 大阪梅田こころのクリニック
  • 神美庵トータルスキンクリニック

診療時間
11:00~14:00
16:00~20:00

休診日土曜午後、水曜、日曜、祝日

〒530-0001 大阪市北区梅田1-8-16 ヒルトンプラザイースト5F大阪梅田メディカルセンター

お気軽にお問い合わせください

大阪メトロ

四つ橋線「西梅田」駅 北改札口より徒歩すぐ

御堂筋線「梅田」駅 南改札口より徒歩約5分

谷町線「東梅田」駅 北西改札口より徒歩約6分

JR

「大阪」駅 桜橋出口より徒歩約2分

東西線「北新地」駅 西改札口より徒歩約2分

阪神

阪神本線「梅田」駅 西改札口より徒歩すぐ

MAP

専用駐車場はございません。
当ビル地下駐車場をご利用いただけますが、
割引券等はございませんのでご了承ください。

PAGETOP
Copyright © 2019 梅田内科ファミリークリニック All Rights Reserved.
アクセス ページTOPへ戻る